インプラント歯科・かみ合わせ治療 |医療法人社団 麻布東京デンタルクリニック

ブログBlog

トップページ > 麻布東京DCブログ > レントゲン撮影の放射線の量

2011年09月20日麻布東京DCブログ

レントゲン撮影の放射線の量

レントゲン撮影の放射線の量

こんにちは、歯科衛生士の福田です。

人間ドッグや、定期健康診断などでレントゲン写真を撮る機会はよくあります。

 

歯科においても非常に重要な検査として欠かせません。しかしながら、皆様にとって、放射線の量や安全性などは、気になるところだと思います。

麻布東京デンタルクリニックでは、皆様の体への放射線の負担を減らすために、最新のデジタルレントゲン装置を導入しております。

また、レントゲン撮影の際、鉛入りの防護エプロンを着用していただくのですが、少しでも皆様の体の負担が軽減されるように、胸部と背面部の両方をカバーできる防護エプロンをご用意しています。

 

放射線の量を表す、簡単な資料ではありますが、参考になれば幸いです。

 

放射線の量 mSv (ミリシーベルト)

*2.4     年間1人あたりの自然放射線(世界平均)


*0.19    東京〜ニューヨーク航空機旅行(往復)


         (高度による宇宙線の増加)


*0.05    胸のX線集団検診(1回)

*0.005   当医院の歯科用デジタルパノラマ

         (口の中全体の大きなレントゲン写真)


         ※胸のX線撮影の10分の1


*0.001   当医院の歯科用デジタルX線


                   (歯2〜3本の小さなレントゲン写真)

※胸のX線撮影の50分の1

(放射線医学総合研究所調べ)

 

当医院のレントゲン撮影の放射線の量は、他の科に比べるとかなり低い数値であることが分かると思います。今後もレントゲン写真について、正しい情報をご紹介していく予定です。

他にも不安なことがございましたら、いつでもご相談して下さい。

 

 

歯科衛生士 福田 亜衣子(Aiko Fukuda, Dental Hygienist)

インプラント歯科・予防歯科・前歯部治療の<麻布東京デンタルクリニック>

Azabu Tokyo Dental Clinic

Tooth Whitening Coordinator, Japan Academy of Esthetic Dentistry

Member, Japan Society of Periodontology

日本歯科審美学会認定ホワイトニングコーディネーター

日本歯周病学会会員

www.azabutokyodc.jp

私たちはホスピタリティにおいてもナンバーワンを目指しています。
For appointment & inquiry  info@azabutokyodc.jp

前の記事 

次の記事 

お問い合わせ

診療についてのご相談等をお気軽にお問い合わせください。

受付時間 火曜~土曜 8:30-17:30